FC2ブログ



2015年7月18日~7月19日

※過去思い出し日記です。
時系列がややこしく投稿しているので見づらいと感じた方は、ブログカテゴリの「FFXⅣまとめ」を参考に。

FFXⅣ1651

※これより物語が大きく進展するため、SSが過去最高枚数となります。
しばらく時間がかかるため、十分に時間を確保したうえで、読むことをお勧めいたします。


FFXⅣ1652

最終決戦、魔導城へ突入からのエンディング編です。
ほぼほぼムービーシーンのSSですが、見返していたら懐かしい気持ちになったので、結構な枚数になりましたが、のせていっちゃいますw

FFXⅣ1653

今回も4人での挑戦です。
シドは監視装置を使いサポートしつつガイウスを止めるための方法を考える為、別行動に。


FFXⅣ1654

先へ進んでいくと魔導アーマーの管理室?へとやってきた。


FFXⅣ1655

そこには以前ミンフィリア救出の際に乗っていた魔導アーマーが!
ガーロンド・アイアンワークスのマークをつけたから一目で分かりますな!


FFXⅣ1656

またこの子に乗って城内を進んでいくことに!


FFXⅣ1657

皆でガッシャンガッシャン進んで戦闘もしていくのは面白かったw


FFXⅣ1658

進んでいくと道を塞ぐ壁にでくわす。


FFXⅣ1659

魔導アーマーの力を使えば壊すことはできるそうだが


FFXⅣ1660

FFXⅣ1661

残念なことに、ここで乗り捨てになるとのことで、この子とはここまでとなる。
せっかく再会できたのに寂しかった。


FFXⅣ1662

と先へ進もうとした際、お姉さんが回線落ちをしてしまうw
それに乗じて自分はトイレに篭りだしたりして、ネロ戦を前にまったりとするw


FFXⅣ1663

FFXⅣ1664

いやぁ腹が冷えちまって、すまんね。


FFXⅣ1665

FFXⅣ1666

皆ガイウス好きやなぁ。


FFXⅣ1667

シャンパンパーティされつついざネロ戦へ。


FFXⅣ1668

しかしお強い二人の前では敵ではなかったのだった…。


FFXⅣ1669

FFXⅣ1670

ネロを倒した後、ガイウスがアルテマウェポンを起動したとのこと。
不安そうなシド。


FFXⅣ1671

そういうことを何度も続けて言われるとフラグなのか?死亡フラグなのか?ってなるからやめてほしいw


FFXⅣ1672

そんな移動中のリフトに突如現れるガイウス。


FFXⅣ1673

FFXⅣ1674

FFXⅣ1675

FFXⅣ1676

ガイウスにはガイウスなりの正義があるのでしょう。


FFXⅣ1677

そしてゴールデンガイウスへ。


FFXⅣ1678

ぴかぴか強そうだなぁと思ったけど。


FFXⅣ1679

この後の写真がこれなもんだから、一瞬で勝負がついたように見えて笑えるw


FFXⅣ1680

FFXⅣ1681

そのままガイウスはアルテマウェポンの元へ。


FFXⅣ1682

FFXⅣ1683

ガイウスに続いてアルテマウェポン戦に突入。


FFXⅣ1684

ガルーダやら蛮神の攻撃等が合わさったギミックで戦闘は面白かった記憶がw


FFXⅣ1685

アルテマウェポンを倒しても


FFXⅣ1686

続いてサンちゃんブレアがやってきた。


FFXⅣ1687

FFXⅣ1688

FFXⅣ1689

FFXⅣ1690

アルテマウェポンには究極魔法アルテマがかけられており、これを発動するために蛮神を取り込んできたと言う。
その威力はすさまじいものだった。


FFXⅣ1691

FFXⅣ1692

ハイデリンの加護がなければ焼け野原だったでぇ。


FFXⅣ1693

FFXⅣ1694

そして2回目のアルテマウェポン戦になる。


FFXⅣ1696

FFXⅣ1695

連戦なるアルテマウェポンも撃破、爆破し跡形も無くなるのであった。


FFXⅣ1697

FFXⅣ1698

そして再び現れるサンちゃんブレア。


FFXⅣ1699

サンちゃんブレアが喋ってるなか、ハイデリンさんがなんか喋りだしたんですよね。
悲しいことにもうムービーの裏で戦闘始まってたんですよね。
ハイデリンの台詞が何となくムービーのサンちゃんブレアと噛み合ってる感じが何ともな1枚になったな…。


FFXⅣ1700

FFXⅣ1701

FFXⅣ1702

FFXⅣ1703

当時は何のことやらだったけど、漆黒を終わった今、アシエン側の主張も分からんでもないのが、悲しいですな。


FFXⅣ1704

そしてムービーあけには既にボコボコにされたサンちゃんブレアだったので、大した苦労をすることも無く終わる戦闘。


FFXⅣ1705

FFXⅣ1706

ハイデリンパワーを発動。
(本だとちょっと弱そう)

FFXⅣ1707

FFXⅣ1708

サンちゃんにとりついたラハブレアを引きずり出す。


FFXⅣ1709

そこへ暁等、皆の姿が現れる。


FFXⅣ1710

FFXⅣ1711

皆でラハブレアに立ち向かって行く。
なんて感動的なんだ!って思ったのは一瞬だった。


FFXⅣ1712

いや、これは吹くwww
感動的場面なのかもしれないけど、このショットは吹くしかないでしょうwww
ってかこんなんで突っ込んでくるの怖いわww
これはアヴァルだから面白いことになってるのか、はてさてw


FFXⅣ1713

そりゃ叫びたくもなるww


FFXⅣ1714

連戦続きで、長かった魔導城プラエトリウムもこれにて無事クリア。
最終決戦の名のとおりボリュームのあるコンテンツでしたね!


FFXⅣ1715

さてそんな魔導城、各地で爆発が起こり、流石に不安そうになる光の戦士。
主人公補正きいためちゃ強な主人公がこういう顔すると、堪らなく萌えるんですがががが


FFXⅣ1716

そこへ現れるは相棒魔導アーマー!


FFXⅣ1717

ちかちか光って、俺に乗れと言わんばかりの目配せをしてくる魔導アーマー。
なんなんだよ、動けなくなって乗り捨てだったんじゃないのかよ!
こんな駆けつけてくれて可愛すぎるだろ…!!


FFXⅣ1718

FFXⅣ1719

爆発から逃げている中、呼ばれるハイデリン空間。
え、今大丈夫なん?結構ギリギリで逃げているところだったけど大丈夫なん?どういう状態??


FXⅣ1720

FXⅣ1721

FXⅣ1722

FXⅣ1723

FXⅣ1724

結局のところ、この光の戦士は何者なんでしょうね。
他の超える力持ちとは明らかに違う存在で、ハイデリンとの関係も気になるところです。


FXⅣ1725

一方、外でアヴァルを待つ仲間達。


FXⅣ1726

FXⅣ1727

FXⅣ1728

FXⅣ1729

FXⅣ1730

このあいつは無事なんだろうな!みたいな王道的展開、めっちゃ好き。


FXⅣ1731

FXⅣ1732

めっちゃ熱いカヌエ様。


FXⅣ1733

俺に言われてもぉなシド。


FXⅣ1734

FXⅣ1735

皆めっちゃ心配してくれる、好き。


FXⅣ1736

FXⅣ1737

一先に感じるミンフィリア。


FXⅣ1738

爆発とともに飛び出すアヴァル。
BGMもメインテーマが流れててめっちゃ胸熱展開、なにこれカッコイイ;;好き;;


FXⅣ1739

FXⅣ1740

そしてちゃんとサンクレッドも救出しているイケメンっぷり。


FXⅣ1741

優しい眼差しのヤ・シュトラに。


FXⅣ1742

涙ぐんでいたミンフィリア。女性陣のヒロイン力強しやばば…。


FXⅣ1743

「ただいま」
と聞こえた優しい笑顔を見せるアヴァル。
惚れるわ、いや惚れてた。


FXⅣ1744

そして迎える初めてのエンディング…!!


FXⅣ1745

FXⅣ1746

FXⅣ1747

FXⅣ1748

元気に復活したサンちゃん。本当に良かったよぉ。
守りたいこの笑顔…、いや守ったのだよ…。


FXⅣ1749

FXⅣ1750

FXⅣ1751

FXⅣ1752

FXⅣ1753

FXⅣ1754

FXⅣ1755

FXⅣ1756

FXⅣ1757

FXⅣ1758

FXⅣ1759

FXⅣ1760

FXⅣ1761

FXⅣ1762

FXⅣ1763

FXⅣ1764

FXⅣ1765

アヴァルめっちゃ胸に響いてるやん…。


FXⅣ1766

FXⅣ1767

FXⅣ1768

FXⅣ1769

新しいエオルゼアの歴史が始まるのですね。
良き演説だった。


FXⅣ1769

FXⅣ1770

FXⅣ1771

そこへ突然感じた闇に染まるハイデリン。


FXⅣ1772

FXⅣ1773

平和な時も束の間、新たな蛮神の活動報告。
まだ平和ではいられないようです。


FXⅣ1774

そして動き出すアシエン組。


FXⅣ1775

FXⅣ1776

FXⅣ1777

こんなインパクトのある”つづく”は初めてみましたw
でも当時とてもワクワクさせられました!
これにて新生エオルゼア編は一区切りとなります。
いやぁここまで長かったなぁw
この調子で頑張ってリアルタイムへの一歩を進めていきたいと思いますよ!




スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事